FC2ブログ
2017.06.12 鉄血のオルフェンズ 感想 その3

鉄血のオルフェンズ感想その3は、
タービンズ、ギャランホルンのキャラネタバレ感想です~



タービンズ
名瀬
クッソかっこいい兄貴キャラっすね…
器がでかいってこういうことだぜっていうのがよくわかる
最初はオルガ達のことガキ扱いしてたけど
(オルガ達は紛れもなく子どもなので仕方ないけど)
そのガキらしいとこが却って名瀬さんにはキュンてきたのかな
若いころの自分を見るようで、応援してあげたくなったんだろうな
最後はその弟分を守るのも含めて、全て分かっていながらも
散っていったのが…あああかっこいい…けど辛かったよ…

あれだけの女性を魅了させつつ、
彼女たちの居場所を作ってあげてたとか、ほんと男前すぎる
アミダ姐さんの大きな傷を綺麗だって言ってチューしてたの男前…
これで落ちない女いるんかな?
突然の事後シーンで、これ深夜アニメだっけ?と驚愕しましたよ

最期は仕方ないと思いながらも、イオク様がほんと糞で
あそこでイオク様のアンチは大量に増えたように思う
名瀬さんがどうにかしてみんなを逃がすように、
何度も降伏してたってのに逃げるランチまで襲撃する鬼畜…
あれがなけりゃ名瀬さんたちは
あんな無茶な最期じゃなかったかもしれないのに

最期のアミダ姐さんに精神世界で抱かれるような
ガンダムっぽい演出がよかったです


アミダ姐さん
お腹の傷のせいで子どもが望めない身体になってしまったなんて
知らなかった(wiki見て知った)
だからこそだよね、その傷を綺麗だって言ってくれたひとを
あそこまで深く信頼して愛せるのは
相思相愛ってこういうことなのねって見せてくれるふたりでした

名瀬さんみたいなひとだと、アミダ姐さんがああいうのもわかる
あんな器が大きい男性は何人もの女性を囲っても
平等に愛せるんだな~
そしてそれを受け入れられて、その女性たちみんなを愛せる
アミダ姐さんもすごいなあ…

あと、戦闘力もすごくて最高にかっこよかったなあ
最新式のモビルスーツに乗るジュリエッタを軽くいなしてたのよかった
そんで誰かのためじゃなく自分を輝かせるために戦うもんだよって
言ってたのもかっこよかった
あーもーなんだ、名瀬さんとアミダ姐さん、ほんとかっこいい夫婦だなあ…最高


ラフタ
悔しい…ラフタ…悔しい…ジャスレイほんと許せない…
昭弘がトレーニング室ボッコボコにするのも仕方ない
それまで何度も手を出したら負けだ、
名瀬さんの遺言を裏切るようなことしたらいけないって
オルガは頑張ってみんなを止めてたけど…
あれじゃあ弔い合戦になってしまうのも仕方ないよね…仕方ない
あんなことされたら、もう誰もがジャスレイを許せない

ああなってしまう前に、ラフタはちゃんと自分の気持ちを伝えて欲しかったな…
結局、結果は変わらないのかもしれないけど…
生きて、昭弘に好きだったって、昭弘と想いを通じ合わせてたらな…って
何度も考えてしまう 可哀想だよ…

ラフタの明るさや昭弘に恋する乙女らしさはほんと可愛かったし
それをずっと見ていたかった 悔しいです


アジーさん
いつでも冷静なアジーさんが、ラフタの倒れた姿を見たときの
叫びが…ほんと聞いてて辛かった
アジーさんのせいじゃないよ
アジーさんもラフタと一緒にいたら、きっと撃たれてたよ…
でもその後、名瀬さんコスプレして元タービンズを率いてて嬉しかったな
生き残ってくれてて、元気そうでよかった


ギャランホルン
ラスタル
最後においしいとこもっていった人だし、
途中の戦いぶりはなかなかエグいことをやってたので
アンチも多いかと思うんですが、私はこの人は嫌いではないです
情に流されず、冷静に舐めプもしない戦略をとるとこは
とても軍人らしいし、だからといって冷徹すぎる人でもない
目をかけてきたジュリエッタにも、かなりきつい指令を出すし
あれだけの糞なイオク様もちゃんと真正面から指摘して正してあげる
マッキーの幼少時も、優しく声をかけてるしね
(でもあそこでマッキーの首のキスマークで何されてるか気づいたんかな)

この人が新たなギャランホルンの中核になるのは
ある意味正しいというか当然のことなのでは
クーデリアに鉄華団を壊滅させたあんたとも手を組んででも
ヒューマンデブリを無くしたいんだよ、でも過去は絶対忘れないし
彼らのために私はこの先を生きるよ(意訳)って言われた後も
「あれでこそだな」って一言言って終わらせてるのが好きだった
立場のある人はみんなそういう因縁を重ねて、
清濁併せ呑みながら政治を行っていくんかな…


イオク様
糞糞糞オブザクソ 嫌い
や、客観的にみるとこのひとひとりでアンチ抱え込んだみたいな…
話をこんがらがらせるために色んな使命を背負っちゃったんかなとも
思うんですよもちろん
脚本家の足になっちゃっただけなんだよってわかってるよもちろん

でも、それでも、嫌い…小物のくせに…粋がってんじゃねーよクソ…
お前のせいで何人死んだと思ってんだ…
どれだけの被害被ったと思ってんだ…
敵だけじゃない、味方もたくさん死なせたんだぞお前…
それでもセブンスターズクジャン家の当主か!?あほ!!!

だから、最期昭弘の脳筋攻撃ガブリンチョで倒されて
最高に嬉しかったです ざまあ


カルタ様
カルタ様も退場するのが惜しいというか…
ちょっと早かったんじゃないかなって思ってる
もっと出ててよかったと思うよ~ネタキャラっぽくて好きだった
まあビスケット君殺したのは許せないけど

幼少時、自分よりも年下の金髪碧眼イケショタに
一目ぼれするの可愛かったし、ショタマッキーを
自分なりの言葉で励ますの可愛かったよ~
もちろん大人になってからのカルタ様も可愛かったんだけど

だから最期がほんと…可哀想でした…
決闘?何それ?なミカもかっこよくて(ミカらしくてキャー////ってなった)
ああなっちゃったのほんと…可哀想なんだけど…
ガエリオをマッキーだと思って謝りながら死んでったのは可哀想だった
そしてそれをマッキーのふりして話してあげるガエリオさん…
このあたりからのガエリオさん一番好き
あの平凡で善人だったガエリオが絶望していく過程素晴らしいと思う
その要因のひとつになったのがカルタ様の死だね…


ジュリエッタ
たぶんイオク様と同じくらい嫌い
なんでかっていうと、中途半端だったから
強くないし、精神的にも浅いし、理想ばかり掲げて全然実行出来てないし
キャラデザも可愛くないし、性格も特に色がなくて可愛くないし

そのくせ、バルバトスの首を討ち取ったから(重要)
そして、何も理解してないくせに(描写が薄い)
ミカが何故戦ってきたかを理解してる風だったから

うーん…たぶん最初はジュリエッタはもっと色々見せ場があったんじゃないかな?
それを何かしらの都合で省かれたりして、キャラ薄くなっちゃったんかな?
いつまでも口だけの小娘っていう印象が強くて…好きになれなかったな


アルミリア
か…可哀想で…ほんと…可哀想だった…

でもマッキーとのいちゃいちゃシーンは
いつも私の心を潤してくれたし、大好きだったよ
マッキーの前で死のうとした後、マッキーの血を見ながら
私も…おかしいわ…って言ってたのが…ううう
幼女の言うセリフじゃないよ…マッキーのばか!
マッキーはアルミリアを本気で愛してたくせに、なんで
幸せにしてやらなかったんだばか!
せめてアトラみたいに子ども遺して行け!(いや年齢的に無理か…)

アルミリアの絶望顔…すごく綺麗で好きでした


ふーこんなとこかな…
他にも色々キャラごとにあるけど、とりあえず終わり!

もう一度1期見直してたんだけど、1期だと
ミカがけっこう笑ってたり、表情豊かなんだよね
それが2期になると…段々みんな追い詰められて、
あのクールなミカもますます笑わなくなって…
2期は大事なシーンたくさんだし大好きだけど…
まだあまりじっくり見る気になれない 辛いから
ミカや…みんな…たくさんの大好きだったキャラが
死んでいく過程が辛いから

でも、久しぶりに全話全く見逃すこともなく夢中で見たアニメでした
本当に面白かった 大好きです
内容がハードだからおすすめ!とかは軽く言えないけど
見たらきっと、何かしらの形で傷を残す作品だと思う

最近萌えキャラが卑劣な世界で
次々に死んでいく作品が多いなって思ってたけど
それとはまた違った、もっとリアルな形での
戦いに生きて死んでいく少年たちの作品として
鉄血は私の中でずっと輝き続けるかと思います
こういう地に足ついた作品を見れて本当に幸せだよ
変にファンタジーじゃないしね
それを作ってくれたスタッフの方々に感謝心から感謝

ガンダムって大河ドラマに似てるね
ガンダムだけじゃなくて、それは1年間やってる
戦隊ものや仮面ライダー、プリキュアにも
言えることなのかもしれないけど…
群像劇っていいな、そうつくづく感じました

またこういう骨太な作品見たいな
最高でした